酵素が美肌に効く?若見え肌と睡眠に絶大な効果!酵素のスゴイ実力とは

現在、日本国内では、5人に1人が慢性的に睡眠が不足していると言われています。冷え性については、女性の2人に1人が悩んでいるとも言われているんですよ。

寒い時期は特に冷えがこたえますし、だいたい睡眠不足だという方も少なくないのではないでしょうか?お肌も荒れがちになりますので、もう悪循環ですよね。

ここで酵素が出てきます。

酵素?何のつながり?と驚かれる方もいるかもしれません。

実は酵素と睡眠には深いつながりがあり、さらに美肌や代謝機能にも関わっているのです。一体どのような酵素つながり?酵素の働きとはどのようなものなのでしょうか?

酵素が腸内環境を整える

まず、人間は食べた物の消化だけでなく、新陳代謝を促したり、健康維持のための免疫機能にも酵素を使っています。体内には消化酵素・代謝酵素の2種類があり、食べた物から得られる食物酵素も活用しています。

消化酵素

消化酵素は消化を助け吸収を促す効果があります。消化酵素の中には、リパーゼ・プロテアーゼ・アミラーゼの3つの消化酵素があり、皆さんも聞いたことがあると思います。

  • 「リパーゼ」は脂肪を分解する酵素で、内臓脂肪や皮下脂肪の蓄積に関わります。
  • 「プロテアーゼ」はたんぱく質とアミノ酸を分解する酵素で、消化を助け吸収しやすくする働きを持っています。
  • 「アミラーゼ」はデンプンの分解に関わる酵素で口の唾液や十二指腸で分泌されます。

子どもの頃から言われている「よく噛んで」とは、消化しやすくする教えですね。よく噛み砕かれていれば、消化酵素の働きにより消化も吸収もスムーズに行われます。消化器官の負担も軽くなれば腸内環境も良くなる、老廃物も押し出しやすくなる、というつながりになるのです。

代謝酵素

代謝酵素は、新陳代謝を促してくれる酵素です。細胞の生まれ変わりをはじめ、血行を改善したり、老廃物を排出する作用を持っています。

血の巡りが良くなると、末端まで血液が行き届き、冷え性も改善できます。代謝もアップしますので、脂肪も分解されやすくなり、太りにくい体質に近づくことができます。基礎代謝が良くなると体温の低下も防いでくれて免疫力も上がります。健康にとっても美容にとっても、大きな働きをしてくれるのです。

食物酵素

食物酵素は食べ物に含まれている植物性の酵素で、生野菜・果物などに多く含まれています。

特に皮に栄養がたくさん含まれていますので、果物などはスムージーなどの食べ方で、またバナナについては皮に黒い点々のシュガースポットが出てきてから食べるのが効果的です。

るので、すりおろしたり、スムージーにするのがオススメです。

野菜にはファイトケミカルと呼ばれる抗酸化物質が豊富に含まれています。ポリフェノールやカロテノイドなどの抗酸化物質は、摂取することで体内の酵素を活性化させてくれます。

体内で作り出している消化酵素・代謝酵素の2つの酵素に加えて、この食物酵素を味方にすることで、消化吸収・免疫機能を補助しているのです。

腸を健康にしてアンチエイジング

腸内バランスが整って健康だと、アンチエイジングにも効果がありますよね。実はここに代謝や消化が関係してくるんです。
遅い時間に夕食を食べる習慣だったり、睡眠をしっかり取れないリズムだったり、外食が多い生活だと、消化吸収や代謝の働きを圧迫してしまうのです。

睡眠中、成長ホルモンの分泌によって酵素が作り出されますが、遅い時間まで消化が必要な状態でいると、消化酵素が使われ続け、代謝酵素の量が少なくなり、成長ホルモンも十分に分泌されず酵素の産生が下がってしまいます。

そして腸にも負担がかかってしまいます。腸の活動が落ちると腸内細菌のバランスも悪くなり酵素を生み出す機能も下がり、結果的に消化や代謝の働きも弱まってきます。

消化酵素と代謝酵素をまとめて「潜在酵素」と呼ぶのですが、もともと年齢とともに体内の酵素の量は低下してくるものなのです。40代の潜在酵素の量は20代の50%、60代に至っては30%にまで減少します。年齢的な要因に加えて生活習慣の影響が加わると、酵素はますます足りなくなり、新陳代謝も下がってしまうわけです。

新陳代謝で肌がイキイキ

細胞が生まれ変わる働きが弱まると、顔の肌もターンオーバーがとどこおってしまい、古い角質が留まってしまいます。肌細胞の生まれ変わりがスムーズにできなくなってしまうのです。くすみやお肌のトラブルにつながってしまうんですね。
腸が健康だと、新陳代謝もスムーズに繰り返されるのでアンチエイジングに繋がる、と言うわけです。まずは、生活習慣を見直すことが大切なんですね。

正しい睡眠リズムを活かそう!美肌へのステップ

酵素は寝ている間に成長ホルモンの働きで生み出されます。そのため睡眠が質よく十分に取れない習慣が続くと、体の中の酵素がしっかりと作られなくなるのです。代謝は血行にも影響しますので、血の巡りの悪化が冷え性の元になります。

冷えて眠れない→睡眠不足→体内の酵素が減る→冷えて眠れない

の悪循環を防ぐために、理想的には午後8時から午前4時までの8時間の睡眠が一番良いと言われています。

さいごに

睡眠リズムは酵素の生産に関わり、美肌や健康につながっていくのですね。眠っている間に代謝も促され、健康面も改善されることで、ダイエットにも効果が出てきます。いきなり生活習慣を変えるのは難しいものですが、毎日の生活を少しずつ見直してみてはいかがでしょうか?