足りてる?「体内酵素」ダイエットと美容を左右する酵素のメカニズム

酵素は人、動物、植物などあらゆる生物の中に存在します。

人間の体内では酵素が作り出され、消化吸収や代謝・免疫など生命活動に使っているのです。人間の体内で作り出される酵素は、たんぱく質が元になっています。

作り出される酵素はその役割によって「代謝酵素」「消化酵素」の二つに分けられます。

酵素って何?

酵素は食べ物を消化するだけでなく、呼吸や運動、免疫力など重要な働きを持っています。胃や腸などの消化器官だけでは栄養分を消化吸収できないのです。腸内フローラも、酵素との相互作用で免疫機能を保っています。
腸内フローラは消化酵素を生み出して消化を支えています。また酵素は、腸内フローラと同じように免疫機能を持ち、健康を保っているのです。このような酵素の働きは健康面だけでなく、ダイエットや美容に対しても大きなカギを握っているのです。

体内で作られる酵素

人が体内で作り出すことのできる酵素を潜在酵素と呼んでいます。この潜在酵素から消化酵素と代謝酵素が作られます。消化酵素は食べ物の消化、代謝酵素は細胞の新陳代謝や免疫機能に関わっています。

栄養の吸収を助ける「消化」酵素

食べ物を消化して栄養素を吸収するために必要な酵素です。胃や小腸に存在しています。
栄養素のたんぱく質や糖質、脂質は細かく分解しないと身体に吸収できないため、結合部分を分解していく役割を持っています。

ダイエットの鍵を握る「代謝」酵素

取り込んだ栄養素を基にエネルギーを作り出したり、体内の細胞を生成します。呼吸や運動に関わる化学反応にも作用し、健康・生命に関わる重要な役割を持っています。また、新陳代謝の力で老化を防ぎ、毒素を分解し、免疫力や自然治癒にも力を発揮しています。
代謝酵素がしっかりと働く体は、代謝効率の良い体であり、肥満予防が期待できます。

▼酵素は限られている

体内で作られる酵素の量は限りがあります。そして年齢とともに産生できる量が減少していきます。細胞の新陳代謝や免疫の力を保つためにも、消化ばかりに酵素を使うのではなく、自分でコントロールしていく必要があるのです。加えて、酵素は食べ物からも取り入れることができます。

もう1つの酵素「食物酵素」

人間の体内で作り出される酵素に加えて、食事から「食物酵素」を取り入れることができます。

食物酵素は食べ物に含まれている酵素で、野菜などを生で食べた時に摂り入れられる酵素です。消化酵素と同じように働き、栄養素の連結部分を切って消化を助けてくれます。ただし、加熱調理で食物酵素の働きは失われやすくなります。

  • 新陳代謝・免疫に関わる「代謝酵素」
  • 消化・吸収を助ける「消化酵素」
  • 食事で取り入れる「食物酵素」

この3種類の酵素を体内で活用しているのですね。

酵素が不足するとどうなる

では、このような重要な酵素ですが、もし不足するとどうなるのでしょう。消化酵素が不足すると、栄養成分の消化吸収力が低下します。消化器官にも負担がかかってくるのです。

代謝酵素が不足した場合は栄養素をエネルギーに変える力が低下し、疲労が出やすくなったり、老化にもつながります。代謝力が低下すると栄養素を効率よく使えずに、脂肪を溜めやすい身体になります。酵素の不足は悪い事ばかり。

栄養不足、体力の低下、老化、太りやすい体質・・・酵素は健康的に生きるために絶対に必要なのですね。

▼どんな人が不足しがち?
人間が体内で作ることができる酵素の量は決まっています。30年ほど前、アメリカのエドワード博士の研究により、酵素の量は限定されていること、遺伝子により酵素の量には個人差があることがわかりました。

一般的に、年齢とともに酵素の量は減っていきます。特に40代は20代と比べて約50%、60代になると約30%に減ってしまうと言われているのです。そのため、体内の酵素の働きを知り、酵素の不足を防ぐことが大切なのです。年齢を重ねるほどに、たくさんの酵素を食事から補っていく生活が鍵となります。

その食事、実は酵素の無駄づかい

生野菜を食べる習慣があまりない、焼肉や揚げ物、インスタント食品やファストフード、スイーツが大好き。また、夜更かしが多い生活スタイルは、消化に時間もかかり、食物酵素も得られず、代謝酵素が不足しやすい生活です。また、酵素は夜9時以降には働きが弱まります。食事時間が遅い人は消化しきれず、胃に負担をかけ、腸内環境も悪化しやすくなります。

生活リズムを見直すだけで、酵素も効率的に働くことができますよ。睡眠中は脳や身体も休まり、日中に使う酵素を作り出す時間でもあります。酵素をしっかり貯めるためにも、夜0時前には就寝し、7時間程度の睡眠を確保しましょう。そして、食事に食物酵素を取り入れていきましょう。難しい場合は酵素のサプリメントもあります。

酵素が含まれる食品

酵素が含まれている食品は生野菜や果物です。

食後よりも、食事の1時間ほど前に食べることで、食事中のたんぱく質などの分解に役立ちます。また、野菜や果物には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維はコレステロールをコントロールし、血糖値の急激な上昇を抑え、腸内環境を整えてくれます。

食事を作る前にサラダやフルーツを用意して、作りながら食べても良さそうですね。

野菜・果物

酵素を含む野菜・果物には次のようなものがあります。苦手な野菜は無理をして食べる必要はありませんので、食べられる範囲内で食事に取り入れていきましょう。

◎デンプンに作用する消化酵素を多く含む
大根おろし、キャベツ、山芋、にんにく、しょうが

◎炭水化物に作用する消化酵素を多く含む
バナナ、パイナップル、パパイア、キウイフルーツ、イチゴ、アボカド

◎ちょい足しトッピングに
ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)・・・デトックス効果が非常に高いのでトッピングに使ってみましょう。

発酵食品

体の中にはいつも有害な活性酸素が発生しています。発酵食品には、活性酸素を除去する抗酸化作用が期待できます。食材としては、チーズ、ヨーグルト、ぬか漬け、キムチ、甘酒、味噌などの発酵食品は手軽に摂れておススメです

。酵素だけでなく乳酸菌も豊富に含まれていて、乳酸菌は酵素の働きを手助けしてくれます。中でも、納豆などの植物性乳酸菌は、胃酸の影響が少なく腸まで届きやすいタイプです。

《まとめ》酵素の力で健康に

体の酵素を活用することは、体の働きをスムーズにし、活動的な毎日を送る力につながります。
食品に含まれる酵素の力、時には手軽な酵素サプリを活用しながら、健康的な生活をおくりましょう。