むくみ解消に酵素サプリ!老廃物をスッキリ流す方法!

朝起きた時、何だか顔がむくんでる。夕方の足がパンパン。たっぷり歩き回った後、どうして太くなっているの?
不思議なくらいにむくみは起こりますよね。このように困るだけのむくみ。どうにかしたいものです。
そこで、むくみが起きる原因から解決する方法までをご紹介します。参考にしてくださいね。

むくみの原因の水分は、一体どこからやって来る?

むくみの原因となる水分は、一体どこからやって来るのでしょうか。
一つ目は細胞内の間質液、もう一つはリンパ液が関わっています。

細胞内の間質液

体内の細胞には適度な水分が保たれています。

この水分を「間質液」といいます。間質液は血流に乗って老廃物を体外に流す役割があります。しかし血流が悪くなると間質液が体内にとどまって、老廃物を流せなくなるのです。

リンパ液

もう一つの原因はリンパ液の停滞です。血管と同じようにリンパ液はリンパ管を通って流れています。リンパ液は体内の老廃物を集めたり流し出す役割を持っています。体内に入り込んだウイルスに対抗するのもリンパ液の役目です。この流れが停滞することで水分がむくみとなって出てくるのです。

リンパ液が老廃物を回収すると、本来ならば首や脇、ひざ裏などの「リンパ節」でろ過されます。リンパ液の循環が滞るということは、たんぱく質や水分が皮膚に出てきてむくみとして表れるのです。

循環が悪くなると、悪影響が

歩きまわってカロリーを消費したはず、運動にもなったはずなのに、気が付くと足がむくんでいるときは、下半身の血液・リンパ液などの循環が悪くなっているのですね。

このような循環不良は、老廃物の排出を担っている腎臓の働きを圧迫します。機能が低下してくると、むくみもますます出てきてしまいます。
むくんでいるなと気づいた頃には、体内の循環がすでに悪化している状態です。腎臓にもかなり負担かけている状態とも言えます。

むくみは3タイプ!「水毒」とは

このように間質液やリンパ液の停滞で起こるむくみ。この状態を「水毒」ともいいます。女性は、この水毒の状態になりやすいと言われています。

水分の過剰摂取による「水毒」

必要以上に水分を摂取するタイプの方がなりやすい水毒です。胃液が薄まりやすく胃腸の働きが弱い人にも見られます。腸で水分の吸収が追い付かなくなるため、話題の「むくみ腸」にもなりやすいのです。

腎臓の機能低下による「水毒」

腎機能が低下してしまうため、だるさを感じるタイプの水毒です。体内の水分が排出されず、足のむくみが強く出ます。食生活を見直して、塩分・脂分の摂りすぎなど生活習慣をコントロールする必要があります。

冷え性の影響による水毒

体が冷えていると血行も悪化し、体内循環も滞りやすくなります。運動しても汗が出にくく、代謝も悪くなってしまいます。血液も流れにくくなり、皮下脂肪も燃えにくくなってしまいます。

むくみに酵素サプリ?なぜ効果があるの?

なぜ、むくみに「酵素サプリ」が効くのでしょうか。それは、酵素の代謝を向上させる作用が、むくみの水分を動かすからです。

体の中で生み出される酵素は、消化吸収と免疫機能を担っています。食べた物を消化するときに「消化酵素」が働き、細胞の新陳代謝やウイルスなどの外敵から身体を守るために「代謝酵素」が働いているのです。

暴飲暴食が習慣になっていると、体内の消化酵素が不足しがちになり、代謝にまで酵素が使えなくなるのです。また、偏った食事でミネラルやビタミンが不足すると、体内のバランスを保てなくなり機能が不安定になります。

そこで、野菜や果物の酵素たっぷりの食べ物や、酵素サプリを補給することで体内のバランスが良くなり、老廃物は排出され、水分のめぐりも良くなってくるのです。

身体の代謝機能が向上すると循環機能が働き始め、体内の余分な水分・老廃物を体外に出しやすくなるのです。

健康、美容を保つには、酵素はなくてはならない存在だと言えます。

日常生活のあれもこれも!むくみの原因だった

血液循環が悪くなることでむくみが起きますが、なぜ血液循環が悪くなるのでしょう。原因としては、このような日常生活の影響が考えられます。

  • 体の冷え
  • 長時間同じ姿勢を続けている生活
  • 水分や塩分、アルコール分の摂りすぎ
  • ストレスの多い生活
  • 不規則な生活

このような状態が続くと健康面にもむくみにとっても様々な不調を引き起こします。職場での行動や仕事のスケジュール、ストレスなどの外部要因を変えるのは簡単ではないため、食生活や身体機能の面を見直して改善していきましょう。

ポイントは血液の循環

血液循環が悪くなると毛細血管が衰えやすくなり、老廃物も排出されにくくなります。毛細血管は年齢と共に減っていくため、アンチエイジングのためにも血流を改善していくことが結果的にむき身にも効果を発揮します。血流アップがポイントですので、その対策法を見てみましょう。

むくみを防ぐ血流アップのポイント

むくみを防ぐには、このような方法があります。

  • 塩分を取り過ぎず、ビタミン類などをバランスよく摂取すること
  • 身体の柔軟性を保つこと
  • 漢方薬で体質改善すること

順にみていきましょう。

バランスの良い食事

まず、塩分=むくみだと考えましょう。そして、塩分を体外に排出する栄養素を取り入れましょう。

  • キュウリや、トマト、ケールなど、生野菜に多く含まれている「サポニン」はむくみ解消に効果があり、塩分の排出役の「カリウム」はバナナで手軽に摂ることができます。他にもカリウムは芋類、海藻類にも含まれているため、汁物で食事に取り入れると良さそうです。
  • 抗酸化力の高いポリフェノールは血液をサラサラにしてくれます。ポリフェノールは赤ワインだけでなく、黒豆、大豆、ブルーベリー、コーヒー、緑茶、カカオ、しょうがにも含まれています。
  • 豚肉に含まれているビタミンB1は糖質の分解を助けて、血液サラサラにする栄養素です。豆腐、ほうれん草、ごぼうなどにも含まれています。
  • 大豆、にんにく、バナナ、まぐろ、さんま、カツオなどの赤身魚に含まれるビタミンB6はタンパク質の分解をたすけ、血液をサラサラにします。

◆とくにおすすめの複合系食材

  • バナナ(カリウム、ビタミンB6)
  • 豆腐(ビタミンB1,ポリフェノール)
  • 大豆(ビタミンB6,ポリフェノール)
  • ほうれん草(カリウム、ビタミンB6、鉄分)

これらはむくみに効く栄養素を複合的に含んでいます。

身体の柔軟性

冷え症の人や足のむくみを感じる人は血管やリンパ管が硬くなりがちです。身体の柔軟性を保つことで循環が良くなり、むくみ解消と冷え性の改善に役立ちます。太もも、膝、ふくらはぎを中心にストレッチしていきましょう。呼吸を止めないように伸ばしていくことがポイントです。

漢方薬で体質改善

風邪に効く漢方薬は、老廃物の排出を助ける種類のものも多いのです。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太りタイプの人、胃腸が弱い人におすすめの漢方です。汗をかくけどむくみが出やすい、太りやすいタイプの方にもおすすめです。

五苓散(ごれいさん)

腎機能が低下した疲れやすい人におすすめの漢方です。腎臓が弱ると身体全体に影響してきますので、ダイエットの事だけでなく健康面を考えて服用したい漢方です。

まとめ

むくみ解消の方法についてお伝えしてきました。食生活やストレッチなど、様々な方法でむくみ解消が期待できます。お手軽に酵素が摂取できる酵素サプリも活用していきたいですね。むくみは正しい方法を知って実行できれば解決できるのです。