【試してみる価値あり】プチ断食で手に入る嬉しい4つの効果

プチ断食(ファスティング)って知っていますか?少し前から流行りだしましたね。

ダイエットをしたい人だけが、プチ断食にチャレンジしているわけではありません。じつはたんに痩せるだけでなく、ファスティングにはさまざまな嬉しい効果があります。

リバウンドなしのダイエットを成功させたい人、代謝をアップさせて体質そのものを変えたい人こそ、ぜひこちらの記事を読んでプチ断食にチャレンジしてみてくださいね。

プチ断食でどんな効果が手に入るのか

ここでお勧めしているのは、2、3日程度でできる短期間のファスティングです。断食を経験したことのない人でも、これなら比較的簡単に成功できます。

わずか2、3日という短いファスティングですが、これだけでも次のような嬉しい効果が期待できますよ。

  • 腸内環境が改善できる
  • 消化酵素が節約できて新陳代謝向上
  • 細胞レベルで老廃物を取り除くデトックス促進
  • 摂取カロリーを抑えることでダイエット

腸内環境の改善

よい腸内環境とは、善玉菌が優勢になっている腸内のことです。プチ断食をすると、腸のなかにいる悪玉菌を減らすと同時に善玉菌を増やすことができます。

プチ断食中は食べる量が減るので、胃腸は食べたものをしっかりと消化することができます。食べ過ぎによる消化不良がおきて、腸内に食べ物カスが残ることはありません。

プチ断食で、腸内環境が改善されるのはこのためです。食べ物カスをエサにする悪玉菌は自然に減り、反対に善玉菌が増えます。

肉料理やお寿司などが大好きで、動物性たんぱく質を摂りすぎている人は、ふだんから消化不良をおこしています。食べたものをしっかりと消化できないため、こうした人たちの腸内では食べ物カスがいつも残っている状態です。これが、腸内環境を乱す悪玉菌が増える原因を作っています。

悪玉菌が増えると、体にどんな影響があるのでしょうか?

  • 食べ物カスが腐敗し、発生した有害物質が血液中に入り込む
  • 血液によって全身に有害物質が運ばれ、全身に悪影響がでる
  • 便秘や下痢をしやすくなる

腸のなかが悪玉菌が優位になっていては、体にいいことは何もありませんね。健康な体づくりのためには、腸内環境を改善させることが大切です。そのためにプチ断食はとても役にたちますよ。

消化酵素が節約できて全身の新陳代謝がアップ

ひとが体のなかで作る酵素にはさまざまな種類があります。その中でも大切なのが、消化酵素と代謝酵素です。消化酵素の役割は食べ物の消化と吸収を行うことであり、代謝酵素の役割は栄養分を使って体を作ることです。

もうひとつ、潜在酵素とよばれるものが体内にはあります。これは役割がまだ決まっておらず、状況に応じて、消化用や代謝用に振り分けられる酵素です。

プチ断食をすると、消化酵素が節約できるので、より多くの潜在酵素が代謝酵素に変化します。結果、全身の新陳代謝能力が上がっていきます。

ダイエットをするには、体の新陳代謝を上げる必要があることはよく知られていますよね。新陳代謝がアップすると、体の消費カロリーが大きくなって痩せるからです。

プチ断食で体重が減るのは、ただ摂取カロリーを抑えたためではありません。消化酵素を節約できるおかげで、より多くの代謝酵素が体のなかで働くようになるからなんです。

細胞や血液レベルで体をキレイにできるデトックス効果

プチ断食で腸内環境を改善することで、全身を健康にすることもできます。腸の状態は、体中の細胞や血液にまで影響を与えるからです。腸内をキレイな状態に保てば、全身を細胞レベルでデトックスすることも期待できますよ。

腸内に食べ物カスや便の残りが溜まっていると、悪玉菌が増殖して有害物質が発生します。浸透圧の作用で、腸の内壁にある毛細血管からこうした物質は血液中に取り込まれます。腸内で生じた毒が、血液によって全身に運ばれるのです。

美容に気をつけているのに、肌荒れが続いたり、髪がパサパサになったりすることはありませんか?なんだか疲れやすいし、年齢よりも老けてみられることが多いと悩んでいる人もいるでしょう?こういう人は、腸内環境の悪化の影響が全身に及んでいるのかもしれませんよ。

こういうときこそ、プチ断食にチャレンジしてみてください!プチ断食で腸内環境を改善すると、腸のなかに老廃物がなくなって有害物質も発生しなくなります。腸壁から毒が血管内へ入り込むことはもうありません。

それどころか、浸透圧が逆に働き、今度は全身の細胞内にある有害物質が血液によって腸内へ運ばれてくるようになります。腸へたどりついた全身の毒は、便として体外へ排出されます。

これが、腸内環境の改善によって、全身の細胞と血液をキレイにできるメカニズムです。プチ断食で、最終的に体中のデトックスもできてしまうんですね!細胞レベルで不要なものを取り除くと、全身にさまざまないい影響がでてきます♪

美肌や美髪効果があるだけでなく、血液の流れがスムーズになることで病気予防も期待できるでしょう。心筋梗塞や脳梗塞などの、循環器系のコワい病気のリスクを下げることもできそうです。

プチ断食で、記憶力や集中力がアップしたという人までいます。血流がスムーズになったことで、脳により多くの酸素が運ばれるようになったせいかもしれませんね。細胞レベルで人の体をよみがえらせ、健康を取り戻す作用がプチ断食にはあるといえそうです。

摂取カロリーを大きく抑えてダイエット促進

摂取カロリーが低くなるプチ断食は、短期間で痩せるために最適な方法のひとつです。プチ断食をすると、食べ物から摂るカロリーがいきなり大きく抑えられます。口から入ってくるカロリーが少ないと、全身にため込んだ脂肪をエネルギー源として体は使い始めます。プチ断食ですぐにダイエット効果があらわれるのは、このためです。

ふつう通りに食べながら、ジョギングなどの運動をして消費カロリーを増やすことで、ダイエットを進めるやり方もあります。

でもこの方法だと、痩せたなと実感できるまでにはかなりの時間がかかるかもしれません。食事から摂るカロリーがたいてい大きいのに対し、運動で使われるカロリーは意外と少ないからです。

体の脂肪が増えるか減るかは、摂取カロリーと消費カロリーとの差で決定されます。運動をどんなにがんばっても、消費カロリーは摂取カロリーをほんの少ししか上回ることができないものです。

食べるものを減らすプチ断食なら、とくに運動をしなくても、日常生活の動きだけで、消費カロリーは摂取カロリーを大きく上回ることができます。短期間で減量をしたい人は、プチ断食をぜひ試してみてください!

基礎代謝を落とさないプチ断食のコツ

プチ断食には、筋肉量を減らしてしまうリスクがじつはあります。プチ断食をするときには、このことを十分に気に留めておくことが大切です。

これはカタボリックとよばれる体の作用です。摂取カロリーが低くなると、エネルギー源のひとつとして、体が筋肉を分解する働きが体にはあります。

筋肉内で消費されるカロリーはかなり大きなものです。その筋肉が減ると、体が自然に消費できるカロリー量もがくんと落ちてしまいます。消費カロリーが小さくなってしまった体では、プチ断食後にふつうの食事を摂り始めると、すぐに太ってしまうことも十分にありえます。

ダイエットしたくてプチ断食をしたのに、かえって太りやすい体質になってしまうなんて本末転倒です!

筋肉量を減らさないためにも、プチ断食後には筋トレをするようにしましょう。キツイものでなくても大丈夫です。適度な筋肉をつけられるような筋トレメニューを行ってみてください。これだけで、筋肉量の減少や基礎代謝の低下を防ぐことができます。

とはいえ、わずか2、3日のファスティングですから、筋肉量低下をあまり深刻に考える必要はないかもしれません。

筋トレなしでも、腸内環境が大きく改善できたおかげで、プチ断食後に代謝がむしろアップする人もいます。全身のデトックスがうまくいった人ほど、こうした効果は大きくあらわれるようです。

あまり神経質にならず、プラス効果に注目しながらプチ断食を行ってみてくださいね!